保育園の生活

年齢ごとの保育

0歳児~2歳児

0歳児

「よく眠り、よく遊び、よく食べる」。安心できる大人との信頼関係をつくり、散歩に出かけ、お友だちといっしょにいることが楽しくなり始める時期に、一日を気持ちよく過ごせる生活のリズムを、園と家庭とでつくっていきます。

うた遊びなどで、楽しく身体を動かし遊ぶなかから、歩行への力をゆっくりとつけていきます。

1歳児

「じぶんで」「いやいや」と、子どもからの発信が出る時期。大人が、しっかりとその思いを受けとめることで、自分を認めてもらえた安心感が生まれ、やがて相手の気持ちを受けとめる力につながります。

リズミカルな曲に合わせて大きく身体を動かし遊ぶなかで、安定した歩行への力へつなげていきます。

2歳児

「じぶんでやりたい」「じぶんでできる」積極的な気持ちを、行動につなげていく時期。大人がそれを見守り、時には手助けしながらも、「できた!」という喜びが自信に変わり、次への意欲へとつながります。

おままごとなど、「ごっこ遊び」を通して、おともだちとの「かして」「かわって」「いいよ」など、自分の思いを言葉で相手に言えるように伝えていきます。

乳児の保育

生まれたばかりの赤ちゃんは、授乳・おむつ交換・入眠など日常的な生活のなかのゆったりとした時間の流れの中で、大人との愛着関係をつくっていきます。3か月ごろには、大人の表情をじっと見つめる力がついて、他者にあやされる心地よさを学習するようになります。生後10か月ごろまでは、モノ対自分との関係(二項関係)に留まっていますが、10か月以降になると、モノに対する要求を他者に伝え、指さししながらコミュニケーションをとるようになります。こうやって、「親(保育士)」「モノ」「子ども」の3つがつながっていくことで、「三項関係」が成立します。また、園での生活で保育士と接する時間は長いので、できるだけおかあさんやおとうさんの顔を見せることで、親子の絆を深めるように努める必要があります。

3歳児~5歳児

1.遊び・創造のなかで育つ力

テーマのある楽しい創作に取り組みます。

イタリア方式の教育では、一つのテーマを決め、グループで「プロジェクト」に取り組みます。お部屋でなく、大きなワンフロアの部屋をプロジェクトごとに区切り、自由な発想でテーマに沿った創作活動をします。さまざまな素材を組み合わせ、自由な発想、創造で自分の思いを表現していく活動のなかで、臆したり、恥ずかしがったりしない「表現」そのものの自然な習慣や、姿勢が身につきます。それは、グローバル人材がもつプレゼンテーションの力そのもの。欧州、北米で高い評価を得ている教育手法、「レッジョ・エミリア・アプローチ」を参考にした幼児教育です。

2.人との多様なかかわり

人は、周囲とのかかわりのなかで成長し、世界を広げていきます。異年齢の子どもたちのなかで、小さな子の世話をしたり、がんばる姿を見せたり、小さな子が遊びの邪魔をしても、少し待てる優しさが自然と生まれてきます。きょうだいがいない子どもは、弟や妹に接するような経験を積み、思いやりの心を育みます。また、地域の人々、聖パウロ学園の園児や生徒など、さまざまな人との交流を図っていきます。

3.個を大切に

人は、みんな同じ考えや、同じ成長をするわけではありません。一人ひとりの子には、それぞれ発達のちがいがあります。年齢ごとに、「これが出来て当たり前」「もうこんなことが出来てすごい」などという評価をするのではなく、個の課題をしっかりと見極め、保育していきます。

4.自己肯定感をはぐくむ

愛されていること、やればできるという自信を持たせる。誰かとくらべられ、評価される保育でなく、個々のがんばる力や過程を認め、失敗しうまくいかなくても、丸ごと受け止めてもらえる安心感。それが挑戦する力になり、うまくいかなくても、次に向かえる力になるような保育をしていきます。

年長児の保育

小さな子と毎日かかわることで、自然と子どもたちは関わり方を学んでいきます。それは、保育士が小さな子にかかわるしぐさを見て覚えたり、いっしょに遊んだりするなかで身についていきます。遊びのなかで、ちょっと待つ、壊されそうになったら優しく止める、着替えや食事どきなどに手伝う、小さな子のけんかの仲裁に入る、お姉さんお兄さんになってお世話する、など誇らしく思える機会が増えていきます。また、年下の子からは、憧れの目を向けられ、「じぶんは、すてきだ」という自己評価が自信をつけます。年長後半は、お昼寝がありません。午後からの時間を使い、テーマのある遊びをしていきます。イタリア式教育の「プロジェクト」では、創造し、イメージを広げて遊んだり、友だちと協力したりする制作遊びを行います。

社会福祉法人 聖パウロ会 光泉カトリック保育園
〒525-0055 草津市野路町362番地
TEL:077-596-5750FAX:077-596-5751