2021年4月に開園いたしました。保育スタッフを募集しております。

社会福祉法人聖パウロ会は、このたび草津市野路町に
「光泉カトリック保育園」を設置、開園いたしました。
学校法人聖パウロ学園(光泉カトリック幼稚園・中学校・高校)と連携しながら
カトリックの教えに基づいた保育を一緒に行っていただくスタッフを募集いたします。

交通アクセス

〒525-0055 草津市野路町362番地

お車でお越しの方

  • 職員・保護者の方向けに駐車場をご用意しています

電車でお越しの方

  • JR琵琶湖線 南草津駅から徒歩13分

バスでお越しの方

  • バス停「川の下」から徒歩3分

保育の方針

保育に携わる者が、子どもたちに「なくてはならない人」になること。これが、聖パウロ会の目指す、カトリックの教えに基づいた保育です。保育園を所管する聖パウロ会単体での運営ではなく、近隣にある学校法人聖パウロ学園と連携し、光泉カトリック幼稚園との人材交流を行うなど、教育に強い特性を活かした運営を行います。

聖パウロ会では、人間性の尊重を基盤にした職場環境を作り出すことを重視します。子どもたちや仕事仲間の表情に、鏡のように自分の笑顔が映し出されるときほど、うれしいことはありません。
これらのことから、本園では、つぎの3点を保育士の仕事の方針にしていきます。

  1. 1

    子どもたちのことを第一に思い、一人ひとりと向き合う

  2. 2

    保育のなかに、学校法人が培った教育の要素を織り込む

  3. 3

    保育士(職員)どうしが、互いに思いやり助け合うことで、仲間や自分を大切にしながら、公平で働きがいのある職場を作り出す

これらの実現のため、常に管理者がようすを確かめ、必要に応じて対処します。
また、新人でも、幼児保育の経験豊富な保育士が親切に指導しますので、安心して仕事ができます。

自然とのふれあい

聖パウロ学園がもつ学習農場をフルに活用します。農業体験をしたり、光泉カトリック中学校や高校の生徒と交流したりする機会があります。外遊びや散歩は、広大な学習農場を利用し歩き回るだけで、十分な効果が期待できます。

国際人への一歩

光泉カトリック幼稚園で導入準備が進められているレッジョ・エミリア・アプローチのノウハウを、当保育園でも導入します。この保育手法そのものには複雑な理論は必要なく、多くの実践事例を知ることで、類似するテーマを再現したり、アレンジしたりすることで十分な効果が期待できます。

知的能力発達のために

「漢字教育」は、光泉カトリック幼稚園で既に導入され定着している教育手法です。こちらを保育園でも使用します。独自のマニュアルがありますので、保育士が研修を受けた後に子どもたちに対して実施していきます。「英語教育」は、大手英会話スクールからのネイティブ講師が派遣され、保育士はそのサポートを行います。

保育支援システムの導入

保育士の仕事のうち高いウエイトを占める事務作業は、パッケージソフトである保育支援システムによって以下の業務を自動化、簡略化します。また、集金業務も、口座振替、クレジットカードや電子マネーによる収納で、現金を触ることのない効率化を実現します。

  • 登園・降園時間の記録
  • 保育費請求書の作成
  • 園児の成⾧の記録
  • 保護者の一斉連絡機能 等

上記のような業務にかかる時間を短縮化し、より子どものことを考えたり、リフレッシュしたりできる時間を確保します。

採用について

応募や資料請求については、以下のフォームからお問い合わせください。

採用応募・資料請求フォーム